肌のターンオーバーを信じた結果

 

 

昨年の11月の末のことです。

夫と二人で実家へ行った際、妹から「顔が赤いよ」と指摘され、鏡を見てみると確かに頬が赤くなっていました。

 

元々、温度差で頬が赤くなりやすい体質ではありますが、この時はいつもより赤みが濃いように感じました。

実家には室内犬がいて、その影響でくしゃみや鼻水が出たり、目がかゆくなることが度々あったので、その時はアレルギー症状が肌に出てしまったかな、程度に軽く考えていました。

 

それから1か月たっても症状はほとんど変わりませんでした。

肌のターンオーバーが28日程度という認識があったので、アレルゲンがなければ1か月もすれば良くなると思い込んでいたのです。

さらに1か月ほど経った頃には赤みだけでなくかゆみも感じるようになり、次第に小さな水泡が現れてきました。 これは犬によるアレルギーではなさそうだと、インターネットで調べてみたところ、乾燥が原因ではないかと思うようになり、こまめな水分補給と念入りな肌の保湿を試みました。

 

努力の甲斐なく、症状が好転するどころか洗顔などで患部に触れるだけで痛みを感じるようになってしまったのです。

私は思春期の頃、アトピーが酷かった経験からステロイド剤をやたらに使うことに抵抗があったので、どうしても病院には行きたくなかったのです。

というわけで再度、インターネットで調べてみることにし、自分と同じような症状の体験談を見つけることができました。

 

その方の場合、病院で処方されたステロイド系の塗り薬が切れそうになったが、追加の薬をもらいに行くのが億劫だったので、とにかく患部に触れないように気を付けて過ごしていたら改善したというのです。

これだと思い、かゆくても患部に触れないように我慢し、洗顔や保湿の際も最低限しか触れないように気をつけるようにしました。

それから半月ほど経ちますが、今のところ良くも悪くもならずといったところです。 とりあえず悪化はしていないので、もう少しこの方法で様子を見てみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です