私が、ニキビで悩んだのは、中学生の時でした。

中学生の時、おでこにたくさんニキビができていたのです。 原因は、ハードな部活動でした。

私は、バレーボール部に所属していました。

 

バレーボール部の顧問の先生が、日本体育大学出身のとてもスポーツ熱心な熱血先生で、毎日練習でした。 土日の休日は、休みなくほぼ練習がありました。

練習量が多いですので、汗をたくさんかきます。 始めは、部活動でたくさん汗をかくことと、年頃ということもあり、少しのニキビが、おでこにポツポツとできただけでした。

 

しかし、1つニキビをつぶすと、どんどんおでこじゅうにニキビが広がっていきました。

ニキビだけでなく、ニキビをつぶした跡もできました。 私は、おでこにだけ集中してニキビができました。

おでこ以外の部分に、ニキビができることは、ほとんどありませんでした。 おでこのニキビが恥ずかしくて、前髪をおろして、常にかくしていました。

 

ですから、おしゃれに前髪を分けることができませんでした。 私のおでこは、ニキビだけでなく、ニキビをつぶした跡だらけでいっぱいになりました。

おでこのニキビに悩んで、同じバレーボール部の仲間に話したことがありました。 しかし、いじわるなお友達などは、私が気にしているのを知っていて、ニキビを隠していた前髪をわざとめくり、からかってきたりしました。

 

また、運動で走ったりしていると、必然的に前髪があがり、おでこのニキビが見えてしまいました。

いじわるなお友達は、「走っている時におでこのニキビが見えていたけれど、ひどいね。」とわざわざ私に言ってきたりしました。

私は、前髪でおでこにできたニキビを隠していましたので、ハードな運動をしてたくさんの汗をかくのに、おでこに空気が触れず、余計ニキビができたのかもしれません。

 

結局、悪循環で、おでこにニキビがどんどん増えてしまいました。

クレアラシルなどのニキビに効く薬を寝る前に塗ったりしました。 しかし、ニキビは、一晩では治りません 結局、毎日の練習で汗をかきますので、薬をぬってもニキビが治る時間がないのです。 ニキビが治らない理由は、三つあったと思います。

 

治らない理由1.部活がハードで、ほぼ毎日大量の汗をかいていたこと。

治らない理由2.ニキビがたくさんできていたおでこを常に空気がふれない状態で前髪でかくしていたこと。

治らない理由3.寝る前にニキビに薬をぬっても、ニキビが治らないうちに部活で汗をかいてしまい、治るどころかニキビが大きくなってしまったこと。

 

あれから、30年近くたちましたが、今思い出せば、ニキビが恥ずかしいと思ってしまった私の思春期時代の1つだったと思います。

 

職場の精神的なストレスから肌あれが絶えず、鏡で自分の顔を見るのさえも嫌な時期がありました。

ニキビ、乾燥肌で粉拭き、ストレスが無くならない限りこの肌荒れは治らないと病院でも言われたほどです。

 

しかし、どうにかしたかったので自分なりに解決させて方法をご紹介します。一言で言うならば「身体の内側から綺麗を磨いて治す方法」です。

どうしても外見を気にしがちですが、35歳を過ぎると外見以外の悩みも色々で始める時期で、年齢的にも若いころとは(新陳代謝やケガなどの回復力等)違うと思い始め、食生活の見直しとサプリメントを積極的に取り入れ始めました。

 

まず食生活。なるべく夜に向けて量を減らす方法で、朝だけがっつり食べる方法にシフトしました。

お米は玄米。キムチ、納豆、お味噌汁の発酵食品を中心に、肉よりお魚メイン

 

。そして、足りない分はサプリメントで補っています。また、女性ホルモンが35歳を過ぎるとあらゆる形で変化をすると聞いたので、女性ホルモンに良いといわれているプラセンタを始め、ローヤルゼリー、養命酒など自律神経を整える働きのあるものを摂取するようになりました。

このおかげあってか、普段仕事でイライラすることもあったり、ストレスを抱えがちだった私が、なんだか穏やかな性格になれたこと。

 

そして、肌艶に透明感が出るようになって、生まれて初めて人から肌が綺麗といってもらえるようになりました。

肌が綺麗なんて言われるのは本当にうれしいですよね。これからも大変だけど続けて行こうと思っています。

 

 

昨年の11月の末のことです。

夫と二人で実家へ行った際、妹から「顔が赤いよ」と指摘され、鏡を見てみると確かに頬が赤くなっていました。

 

元々、温度差で頬が赤くなりやすい体質ではありますが、この時はいつもより赤みが濃いように感じました。

実家には室内犬がいて、その影響でくしゃみや鼻水が出たり、目がかゆくなることが度々あったので、その時はアレルギー症状が肌に出てしまったかな、程度に軽く考えていました。

 

それから1か月たっても症状はほとんど変わりませんでした。

肌のターンオーバーが28日程度という認識があったので、アレルゲンがなければ1か月もすれば良くなると思い込んでいたのです。

さらに1か月ほど経った頃には赤みだけでなくかゆみも感じるようになり、次第に小さな水泡が現れてきました。 これは犬によるアレルギーではなさそうだと、インターネットで調べてみたところ、乾燥が原因ではないかと思うようになり、こまめな水分補給と念入りな肌の保湿を試みました。

 

努力の甲斐なく、症状が好転するどころか洗顔などで患部に触れるだけで痛みを感じるようになってしまったのです。

私は思春期の頃、アトピーが酷かった経験からステロイド剤をやたらに使うことに抵抗があったので、どうしても病院には行きたくなかったのです。

というわけで再度、インターネットで調べてみることにし、自分と同じような症状の体験談を見つけることができました。

 

その方の場合、病院で処方されたステロイド系の塗り薬が切れそうになったが、追加の薬をもらいに行くのが億劫だったので、とにかく患部に触れないように気を付けて過ごしていたら改善したというのです。

これだと思い、かゆくても患部に触れないように我慢し、洗顔や保湿の際も最低限しか触れないように気をつけるようにしました。

それから半月ほど経ちますが、今のところ良くも悪くもならずといったところです。 とりあえず悪化はしていないので、もう少しこの方法で様子を見てみようと思っています。

 

寝不足だったり、栄養が偏っていたりするとすぐに肌荒れするんです。

特に目立つ赤ニキビ。 化粧でも隠せずに、周りの人の目が気になって顔を見て話すことができません。

 

ニキビがあるだけで、見られたくないといつもよりも消極的になってしまいます。 肌荒れしていると、自信が持てなくなりますよね。

ニキビができてしまったら、早く治したい! 早く綺麗に治すには、触らないで清潔に保つことが大切とよく言われていますよね。

触らないことは大切だと思います。 私が試した方法は2つです。 1つ目は、ニキビケアクリームです。 ニキビ専用のクリームが売っていますよね。

 

ビフナイトを私は使っていました。

夜寝ているうちに、ニキビを治すというものです。

確かに全部のニキビが次の日になくなっているということはなかったのですが、効果は感じられました。 小さくなっていたり、もう少し!というところまできていることが多かったです。

 

2つ目は、はちみつです。 はちみつには抗菌作用があるということで、風邪のときにも使われたりしますよね。

最近では、マヌカハニーなどいろいろなことに効果のある万能はちみつが話題になっています。

マヌカハニーの効果は絶大だと感じました。

 

マヌカハニーでなくても、普通のはちみつでも大丈夫です。

ニキビにはちみつを塗って、触らないように放置しておくだけです! 私の場合は2時間放置していただけで、ニキビが小さくなりました!

ただ、はちみつなのでベトベトします。 なので、時間が経ったら洗い流してくださいね。

 

思春期の頃は、ニキビには縁のなかった私ですが 二十歳になる頃から、顎にできる大人ニキビに悩まされるようになりました。

1つできてやっと治ったかと思えば、また新たにできてしまうのです。 しかも、赤く跡が残ってしまうので、顎にはニキビ跡がいくつも できてしまいました。

 

仲のいい友達にも言われるようになり、気になるので触ってしまい 悪化するという悪循環でした。

しかも、同じ箇所にできることもあったので、毛穴の奥の根源から断ち切らなければ 何度もできてしまうと思い、肌質改善をしました。

 

風呂上がりと朝に、ふき取り用化粧水を使用することにしました。

サラッとした化粧水なので、コットンでなじませるのですが このコットンも摩擦になってしまうので、こすらず優しくパッティングをして ピーリングオフをする意識で使用しました。

そして、大人ニキビは思春期ニキビとは違い、乾燥が原因でもあると 聞いたので、夜にクレンジングのあとに洗顔、そしてふき取り用化粧水だと 洗いすぎかなと、思いダブル洗顔をやめることにしました。

 

洗いすぎると、乾燥して、余分な皮脂が出るために毛穴のつまりを 起こす恐れがあるからです。

クレンジングもオイルではなく、ダブル洗顔の不要なミルクタイプを使用しました。 肌に負担の少ない、オーガニック製品です。

 

クレンジングのあとに、ふき取り用化粧水で余分な角質を取り、その上たっぷりと 化粧水を肌に入れます。

そして、22時から2時の肌にとってのゴールデンタイムを逃さないために 24時前には布団に入るようにしました。

こうして、新たにニキビができることはめったになくなりました。 今後はニキビ跡を少しでも薄くできないか奮闘中です。